4つの奉仕

1.クラブ奉仕委員会 Club Service

ロータリーの第一奉仕部門。ロータリアンが自己のクラブを円滑に、効果的に、発展的に機能させるためのクラブに対する奉仕活動をいう。ロータリー奉仕の土台をなすものである。

2.職業奉仕委員会 Vocational Service

ロータリーの第二奉仕部門。ロータリー・クラブに職業分類を保持することから生ずる義務である機会である。即ち、ロータリアンとしては、あらゆる有用な職業の価値を認め、ゥ分の職業を律し道徳的水準と品位を高めることに努めると共に、業務を通じて職場や地域社会で奉仕の理想を推進し、クラブ・プロジェクトに応えることであり、クラブとしては、会員の職業道徳、品位、水準を高めるようなプログラムをたびたび実施し、またそれを生かして、ミ会のニーズに応えるようなクラブ・プロジェクトを開発することである。

3.社会奉仕委員会 Community Service

ロータリーの第三奉仕部門。地域社会に居住する人々の文化的生活環境条件を向上させるために、思いやりや援助をロータリアン個人として、また、多人数で行う奉仕活動をいう。

4.国際奉仕委員会 International Service

ロータリーの第四奉仕部門。国際奉仕とは、ロータリアンが、国際理解、親善、平和を推進するために、実施できるすべてをいう。概念上、次の四つの分野に分類できる。

  1. 世界社会奉仕活動
  2. 国際レベルの教育および文化交流活動
  3. 特別月間と催し
  4. 国際的な会合

例えば、他国の人々、その文化、週間、業績、抱負および問題を知ることであり、また旅行や、国際大会出席による個人交流であり、読書や、文通であり、他国の人々に役立つクラブ活動やプロジェクト(ロータリー財団を含む)に協力することである。個々のロータリアンとクラブは、目的達成に積極的に寄与するよう期待されている。

コメントは受け付けていません。